相続に関わる各専門家

福岡県北九州市小倉北区堺町一丁目2番16号
十八銀行第一生命共同ビル2階

平日午前9時〜午後8時まで
日曜休日(面接予約がある場合は可)

相続に関わる各専門家

Pocket

相続に関わる各専門家

相続手続きにおいては各専門家が関わります。
代表的なものをご紹介します。
① 司法書士
相続に関わる不動産の名義変更(相続登記)の専門家です。不動産の名義変更を本人に代理してすることができる資格は、弁護士を除くと司法書士だけです。行政書士や税理士は代理すること、又本人に代わり登記申請書を作成することはできません。また、預貯金の解約手続き等も本人に代わり金融機関の手続きを代理することが可能です。
② 弁護士
弁護士は相続に関わるおおよその手続きを本人に代理することができます。しかし、一般的には、相続登記等を行っている弁護士の先生は少ないように思われます。
弁護士は職域が非常に大きいため、得意不得意の差が大きいように感じます。相談する際には、相続に強い弁護士さんを探すのがいいと思います。
また、相続につき紛争性がある場合(相続人間で遺産分けについて揉めている)は、弁護士以外の専門家はタッチすることはできません。

このような場合には、弁護士さんに相談するようにしましょう。
③ 税理士
税理士はその名のとおり税金に関してのスペシャリストです。相続に関しては、相続税が発生する方の相続税申告の手続き、又、相続税がかかるであろう方の相続税対策のアドバイスをしてくれます。
特に相続税がかかってくるような、財産が多い方ですと相続税対策、申告に関しては税理士のアドバイスは受けた方がいいと思います。
例えば、不動産を生前贈与するような場合でも、贈与税がかかってきます。様々な局面で税金の問題はでてきますので、専門家側から見ても、税理士との連携は必須です。

北九州遺言相談センターへの問い合わせ